踊る客室乗務員 動画に賛否両論

 国際婦人デーのイベントとして、3月8日(火)、首都航空の客室乗務員が、
機内でダンスを踊りつつ、安全設備の説明を行ったところ、その動画がネット上にアップされ、
上海などの多くのマイクロブログで話題となっている。
 同動画は、米女性歌手、レディー・ガガの楽曲『ジャスト・ダンス』をバックに、
3人の客室乗務員が踊りつつシートベルトの着用法などを説明するというもの。
これに対し、大多数が肯定的な態度を示したが、
一部では「外国の航空会社が行ったパフォーマンスのマネに過ぎない」との声もあった。
(3月11日)

~上海ジャピオン3月18日号

最新号の電子版はこちらから

PAGE TOP