踊る客室乗務員 動画に賛否両論

 国際婦人デーのイベントとして、3月8日(火)、首都航空の客室乗務員が、
機内でダンスを踊りつつ、安全設備の説明を行ったところ、その動画がネット上にアップされ、
上海などの多くのマイクロブログで話題となっている。
 同動画は、米女性歌手、レディー・ガガの楽曲『ジャスト・ダンス』をバックに、
3人の客室乗務員が踊りつつシートベルトの着用法などを説明するというもの。
これに対し、大多数が肯定的な態度を示したが、
一部では「外国の航空会社が行ったパフォーマンスのマネに過ぎない」との声もあった。
(3月11日)

~上海ジャピオン3月18日号

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年9月20日発行号…
  2. 上海市黄浦区南京西路で改装中の商業施設「新世界城」が、今年12月末にリニューアルオープンする見込みで…
  3. 上海市金山区に構える「華東無人機基地」で9月12日(木)、「ドローンを使った輸送の最長距離」のギネス…
  4. 浙江省杭州市に本社を構える「阿里巴巴集団(アリババ・グループ)」のジャック・マー(馬雲)氏が、同社創…
  5. 家に常備・万能選手――雨が続くせいか、気分もどんより身体もどんよりです…。頭…
PAGE TOP