トースト6000枚 巨大モザイク画登場

上海市盧湾区にある、ショッピングモール「新天地時尚」に7月25日(月)、
トースト6000枚を使用した、高さ4㍍・幅3㍍の巨大な
マリリン・モンローのモザイク画が現れ、買い物客の注目を集めている。
制作者は、ニュージーランドの環境保護芸術家、ベネット氏。
同氏は、スーパーのオーナー時代に、廃棄される食パン再利用法として
モザイク画を考案していた。
これまでにモナリザなどを制作し、〝トーストアートのピカソ〟と呼ばれている。
(7月30日)

~上海ジャピオン8月05日号

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 説明しよう!「打鸡血(da3ji1xue3)」は、ネット用語で「(人、物事に対して)…
  2. 子連れでヘアカットすでに気温30度を超える日もあり、まもなく夏本番という上…
  3. 復興中路を西進奥さんお困りですか? 新天地で買い物や食事を楽しんでから、ミュージカル…
  4. ~上海ジャピオン2019年6月21日発行号…
  5. 上海市第一中級人民法院は6月11日(火)、上海市出身の女優・馬伊琍の肖像権を侵害したとして、市内のメ…
PAGE TOP