トースト6000枚 巨大モザイク画登場

上海市盧湾区にある、ショッピングモール「新天地時尚」に7月25日(月)、
トースト6000枚を使用した、高さ4㍍・幅3㍍の巨大な
マリリン・モンローのモザイク画が現れ、買い物客の注目を集めている。
制作者は、ニュージーランドの環境保護芸術家、ベネット氏。
同氏は、スーパーのオーナー時代に、廃棄される食パン再利用法として
モザイク画を考案していた。
これまでにモナリザなどを制作し、〝トーストアートのピカソ〟と呼ばれている。
(7月30日)

~上海ジャピオン8月05日号

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 海鮮ダシ香るスープとしみっしみのホルモン上海の老舗麺屋って、少し小汚くガヤガ…
  2. 生活習慣病予防に中国茶――上海で暮らし始めてから、食事は外食やデリバリーが中…
  3. 上海市消防局によると9月5日(木)18時頃、中環線外回りの錦繍東路出入り口から2㌔ほど離れた一般道で…
  4. 中国漁業協会によると、今年の中秋節に当たる9月13日(金)までに上海市で販売される上海蟹は、昨年より…
  5. ~上海ジャピオン2019年9月13日発行号…
PAGE TOP