若者にご飯の炊き方を実演 豫園で調理イベント開催

 豫園商場内の城隍廟で12月14日(金)、調理離れした若者に向けて調理実習を行うイベントが開催され、詰め掛けた若者らで賑わった。
 イベントを主催した上海糧油食品工程技術協会の長馬貞氏は「米や調理油の種類が豊富になっているにも関わらず若者の調理離れが進んでいる。基本的な食材の見分け方や調理法を知ってもらう必要があると痛感していた」とイベントの趣旨を述べた。
 同イベントでは販売活動はなく、良い米の見分け方、炊飯器や鍋の使い方などを実演する純粋な〝実習〟が、来場客の若者たちに対して行われた。(12月15日)

~上海ジャピオン12月21日発行号より

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年9月20日発行号…
  2. 上海市黄浦区南京西路で改装中の商業施設「新世界城」が、今年12月末にリニューアルオープンする見込みで…
  3. 上海市金山区に構える「華東無人機基地」で9月12日(木)、「ドローンを使った輸送の最長距離」のギネス…
  4. 浙江省杭州市に本社を構える「阿里巴巴集団(アリババ・グループ)」のジャック・マー(馬雲)氏が、同社創…
  5. 家に常備・万能選手――雨が続くせいか、気分もどんより身体もどんよりです…。頭…
PAGE TOP