汚染指数は非公表も  大気データ公開拡大

上海市環境保護局は、7月6日(金)、大気汚染指数(AQI)の公表を
一時的に行わないことを明らかにした。
同指数の公表は、新しい「環境大気品質基準」の正式採用後に行う見込み。
市では6月27日(金)より、大気中の直径2・5㍃メートル以下の微小粒子
状物質「PM2・5」の、モニタリングデータ公開地点を2カ所から10カ所
に拡大し、観測を強化。
公表地点拡大以降、市の大気は、新基準で汚染状態とされる、PM2・5の
1日平均濃度が1立法㍍当たり75㍃グラムを下回り、良好な状態が続いている。
(7月9日)

~上海ジャピオン2012年7月13日号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 電磁波の影響を茶で軽減――先日、スイス人の友人から「電磁波が出るから電子レ…
  2. 上海市では、7月1日(月)にゴミ分別新条例「上海市生活垃圾管理条例」が施行。これを受け市城市管理行政…
  3. ~上海ジャピオン2019年7月12日発行号…
  4. 上海市人力資源和社会保障局らは7月3日(水)、「上海市青年就業状況報告(2019)」を発表。上海戸籍…
  5. 説明しよう!日本の名字「本宮」。中国では、昔の一人称で「私」の意味だ。筆談中…
PAGE TOP