充電式蚊ラケット 約4割が不合格

 市の質量技術監督局が発表した、殺虫用品に関するサンプリング調査の結果から、充電式蚊ラケットの約40%、蚊取りマットの約15%が安全基準に達していないことが分かった。
 不合格となった蚊ラケットの主な問題点として、充電の際に高圧電気の通るネットに接触し、感電事故に繋がる恐れがある点。また、蚊取りマットでは温度が安定しないなどの問題が見られた。
(7月30日)

~上海ジャピオン8月8日発行号より

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年9月20日発行号…
  2. 上海市黄浦区南京西路で改装中の商業施設「新世界城」が、今年12月末にリニューアルオープンする見込みで…
  3. 上海市金山区に構える「華東無人機基地」で9月12日(木)、「ドローンを使った輸送の最長距離」のギネス…
  4. 浙江省杭州市に本社を構える「阿里巴巴集団(アリババ・グループ)」のジャック・マー(馬雲)氏が、同社創…
  5. 家に常備・万能選手――雨が続くせいか、気分もどんより身体もどんよりです…。頭…
PAGE TOP