結婚式のビデオ撮影ミス 写真館に賠償金支払い命令

 ビデオカメラの故障で結婚式の様子が記録されなかったとして、新婦が撮影を請け負った写真スタジオを相手取り、損害賠償を求めた訴訟で、嘉定区菊園商工所が調停に入り、12月3日(水)、写真スタジオが新婦に対し、撮影料金600元の返還と、損害賠償3900元を支払うことで和解した。
 新婦は今年9月に、結婚式の撮影を同写真スタジオに依頼。今回の撮影事故が発生した後、新婦は損害賠償を請求していたが、写真スタジオは賠償金の支払いを拒否してきた。同商工所は事業者側の契約不履行を認めるとともに、消費者にとって結婚式は特別な意義を持つもので、今回の賠償請求は当然なことだという見解を示した。(12月4日)

~上海ジャピオン12月12日発行号より

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年11月15日発行号…
  2. ~上海ジャピオン2019年11月15日発行号…
  3. 説明しよう!「吃白飯(chi1bai2fan4)」は「タダ飯を食う、居候する」や「無…
  4. 配車サービスを運営する「滴滴出行」の相乗りサービス「順風車」が11月20日(水)、北京市や江蘇省常州…
  5. ウイスキーバーが開店多くの日本人出張者が滞在する「上海虹橋錦江大酒店」に1…
PAGE TOP