自動車教習所で人身死亡事故  ブレーキとアクセルの誤認か

6月4日(火)午前7時頃、上海市閔行区梅蓮路の自動車教習所「遠達駕校訓練場」にて、教習車を運転していた女子生徒が、傍に立っていた男子生徒を轢き、男子生徒が死亡する事故があった。

事故当時、故障車両を押していた男子生徒が、同車両に向かって運転してきた女子生徒に停車させるよう、車前方へ出て合図したところ、女子生徒が急発進させ、男子生徒に衝突した。事故原因は、ブレーキとアクセルの踏み間違いと見られている。女子生徒は交通規則の試験をまだ受けておらず、また女子生徒を担当する指導教官は同乗していなかった。

なお遺族は、教習所に対し、220万元の賠償を求めている。(6月7日)

~上海ジャピオン2013年6月14日号

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 電磁波の影響を茶で軽減――先日、スイス人の友人から「電磁波が出るから電子レ…
  2. 上海市では、7月1日(月)にゴミ分別新条例「上海市生活垃圾管理条例」が施行。これを受け市城市管理行政…
  3. ~上海ジャピオン2019年7月12日発行号…
  4. 上海市人力資源和社会保障局らは7月3日(水)、「上海市青年就業状況報告(2019)」を発表。上海戸籍…
  5. 説明しよう!日本の名字「本宮」。中国では、昔の一人称で「私」の意味だ。筆談中…
PAGE TOP