新婚カップルが初夜に口論 原因は安価なベッドの値段(B級ニュース)

北京市房山区で5月6日(火)、新婚の夫婦が口論の末、妻が夫の腕に包丁で切りつけた後実家に戻り、1週間後に離婚を申し立てるという出来事があった。

2人は昨秋に友人の紹介で知り合い、同日挙式。しかし新郎が用意したベッドが安価だったことに不満を持った妻が激昂、口論に発展し、包丁で新郎の右手に5㌢ほどの傷を負わせ、家を出た。

しかし1週間後、妻は裁判所に離婚訴状を提出。裁判所からの連絡で事態を知った夫によると、妻は婚姻関係の破棄と、法令による財産分与と自家用車を要求。夫はこれを不服とし、争う姿勢を見せ、現在審理を行っている。(5月24日)

~上海ジャピオン2014年6月6日号

最新号の電子版はこちらから

PAGE TOP