米国のビザ発給遅れ  申請受け付け再開

上海市黄浦区の在上海米国総領事館で、7月28日(月)、同国行きビザの発給申請が再開された。

同国のビザ発給システムは、19日(土)より故障が発生。米国の国務院は24日(木)、原因は技術系トラブルであり、完全な解決にはまだ時間を要するとして、申請者に対し、問題が解決するまで再申請を行わないよう呼びかけていた。

28日(月)午後、市黄浦区南京西路の梅龍鎮広場8階にある在上海米国総領事館には、ビザの発給申請手続きに訪れた市民で溢れ、行列は建物外に及んだ。なお関係者によると、今回のトラブルにより、8~9月に新学期を迎える留学生への影響は少ない。(7月29日)

~上海ジャピオン2014年8月1日号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 湖南省長沙市で最近、ドイツの自動車メーカー「アウディ」のエンブレムをハートマークに改造した女性が、罰…
  2. 上海市浦東新区の「上海海昌海洋公園」で、中国の伝統記念日・七夕に当たる8月7日(水)、アシカの一種・…
  3. 上海市浦東新区に構える「上海ディズニーランド」が規定している飲食物の園内持ち込み禁止に関して、上海華…
  4. ナスの干物に舌鼓オレはウルフ。ロードバイク好きの留学生。中国の国道を自転車で旅して…
  5. アボカド成分で角質オフみ あ、暑い…。着てくる服、間違ったみたいね…。キ…
PAGE TOP