上海のニュース 記事

米国のビザ発給遅れ  申請受け付け再開

上海市黄浦区の在上海米国総領事館で、7月28日(月)、同国行きビザの発給申請が再開された。

同国のビザ発給システムは、19日(土)より故障が発生。米国の国務院は24日(木)、原因は技術系トラブルであり、完全な解決にはまだ時間を要するとして、申請者に対し、問題が解決するまで再申請を行わないよう呼びかけていた。

28日(月)午後、市黄浦区南京西路の梅龍鎮広場8階にある在上海米国総領事館には、ビザの発給申請手続きに訪れた市民で溢れ、行列は建物外に及んだ。なお関係者によると、今回のトラブルにより、8~9月に新学期を迎える留学生への影響は少ない。(7月29日)

~上海ジャピオン2014年8月1日号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。