老人性認知症向け 初の専門介護施設

 上海初となる老人性認知症患者向けの介護センターが、富錦路の上海市第三社会福利院内に設置された。
同センターは、老人性認知症患者を250人収容できる。
 今回の設置は、長期入院するほどの病状ではない、自宅に面倒を見てくれる人がいない、といった老人の増加を見据えたもの。
同センターは、老人性認知症患者のモデル施設として患者を受け入れていく。
また市では、介護に重きを置いた同様の老人介護センターを引き続き建設していく計画。
(5月13日)

~上海ジャピオン5月22日号より

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. チョコドリンク専門店武康路で人気を博したチョコレートドリンク店「CHOCO…
  2. じわじわくる痛みに――年々、膝や腰などの関節が、疲れた時やふとした時に痛むよ…
  3. 上海中心気象台によると10月17日(木)~20日(日)に掛けて、市の最高気温は23~24度、最低気温…
  4. ~上海ジャピオン2019年10月18日発行号…
  5. 上海市では、9月30日(月)~10月6日(日)の国慶節休暇における消費額が、昨年比10・2%増の25…
PAGE TOP