中国語・外国語併記 来年から施行開始

上海市政府は9月15日(水)、「第61回常務会議」を開催。この席上で「上海市公共場所外国文学使用規定」が採択され、来年1月1日(木)から市公共スポットの看板や掲示板、案内標示板などを外国語のみで表記することが禁じられることがわかった。

同規定によると、企業や事業体、組織などの看板を掲示する場合、規範的な漢字と外国文字を使用し、漢字は明確かつ位置が適当でなければならない。また公共施設の標識や広告は中国語を主とし、外国語表記はこれを補足するものに限られ、同一の広告内に外国文字を混在させることが禁じられる。さらに外国語を表記する場合はそれに相当する中国語の記載を必須としている。(10月12日)

~上海ジャピオン2014年10月17日号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 電磁波の影響を茶で軽減――先日、スイス人の友人から「電磁波が出るから電子レ…
  2. 上海市では、7月1日(月)にゴミ分別新条例「上海市生活垃圾管理条例」が施行。これを受け市城市管理行政…
  3. ~上海ジャピオン2019年7月12日発行号…
  4. 上海市人力資源和社会保障局らは7月3日(水)、「上海市青年就業状況報告(2019)」を発表。上海戸籍…
  5. 説明しよう!日本の名字「本宮」。中国では、昔の一人称で「私」の意味だ。筆談中…
PAGE TOP