上海のニュース 記事

後部座席にシートベルトを 最高2000元の罰金徴収

上海市交通運輸管理部門は10月23日(木)、タクシー会社に対し、後部席の シートベルトを取り外した場合、200~2000元の罰金を科すことを発表した。  この措置は、今月16日(木)早朝、シートベルト未着用でタクシーに乗っていた 女性客が負傷した件を受けたもの。同部門はタクシー会社にシートベルト管理の 徹底を促すとともに、安全設備点検で不備が見つかった場合、運営側に罰金を 設けることを通達した。また定期的な安全教育の実施、高速道路を走行時、 乗客へのシートベルト着用を促すことを義務付けた。 同時に、乗客自身にもシートベルト着用を奨め、安全設備が不十分な車両を発見した 場合は、ホットライン「12319」への通報を呼びかけている。  一方、軌道交通10号線「紫藤路」駅に隣接する、呉中路1779号に、 10月28日(火)、「上海地下鉄博物館」が開館した。総面積5000平方㍍で、 上海市の地下鉄の歴史を紹介。そのほか5D技術を駆使し、 2100年の地下鉄への乗車体験ができる。(10月25日)

~上海ジャピオン2014年10月31日号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。