スーパーの食品安全調査 毒魚など15点が不合格に

上海市食品薬品監督管理局は11月17日(月)、2014年の食品の安全性に関する調査結果を発表、これによると水産品159点中15点が衛生基準に満たない不合格品であることがわかった。

取扱い店は、楽購、カルフール、世紀聯華、農工商、易買得など市内大手スーパー。染料や殺菌剤に用いられ、発がん性があるため、添加が禁止されている「マラカイトグリーン」を始め、家畜の感染症治療などに用いられる「ニトロフラン」、抗生物質「シプロフサキシン」などが検出された。

不合格と判定された商品は、法律に基づき店頭から撤去、回収措置が採られる。(11月18日)

~上海ジャピオン2014年11月21日号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年9月20日発行号…
  2. 上海市黄浦区南京西路で改装中の商業施設「新世界城」が、今年12月末にリニューアルオープンする見込みで…
  3. 上海市金山区に構える「華東無人機基地」で9月12日(木)、「ドローンを使った輸送の最長距離」のギネス…
  4. 浙江省杭州市に本社を構える「阿里巴巴集団(アリババ・グループ)」のジャック・マー(馬雲)氏が、同社創…
  5. 家に常備・万能選手――雨が続くせいか、気分もどんより身体もどんよりです…。頭…
PAGE TOP