上海のニュース 記事

大気汚染で橙色警報発令 バスに排ガス浄化装置設置

上海市中心気象台は11月22日(土)早朝、市の大気が重度汚染状態
にあるとして、オレンジ警報を発令した。
警報は汚染の重度を示すもので、上から赤、オレンジ、黄、青の4
段階。今回は市内の一部地域で、視界が200㍍を下回り、国道15号線
の金山―滬浙料金所区間などが封鎖され、市民には外出を控えるよう
勧告が出された。なお大気の状態は数時間で改善に向かい、警報も解除
された。
また市建設交通委員会は昨今の大気汚染悪化を受け、市内の公共バス
200台のマフラーに排気を浄化する装置を取り付けることを決めた。
年内に、半数の100台の取り付けを完了させる予定。(11月24日)

~上海ジャピオン2014年11月28日号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。