学生に試験棄権要求 承諾書を書かせる

上海市普陀区の上海市長征中学が、最近、同校2年生の一部生徒に、大学入学統一試験「高考」の棄権を要求していたことが発覚し、インターネット上で物議を醸している。

同校は、成績が上位90位以内に達しない、もしくは選択科目の課題提出を7回以上怠った2年生徒に対し、高考を棄権し、定員数が少ない「春季高考」や「自主招生」を選択する旨の承諾書を書かせていた。後にネット上で論争となったことを受け、同校は承諾書を回収するとともに保護者へ謝罪した。普陀区教育局は同校に対し、即時改善を求めている。(12月12日)

~上海ジャピオン2014年12月19日号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. チョコドリンク専門店武康路で人気を博したチョコレートドリンク店「CHOCO…
  2. じわじわくる痛みに――年々、膝や腰などの関節が、疲れた時やふとした時に痛むよ…
  3. 上海中心気象台によると10月17日(木)~20日(日)に掛けて、市の最高気温は23~24度、最低気温…
  4. ~上海ジャピオン2019年10月18日発行号…
  5. 上海市では、9月30日(月)~10月6日(日)の国慶節休暇における消費額が、昨年比10・2%増の25…
PAGE TOP