上海のニュース 記事

2014年の上海交通状況 自家用車の増加止まらず

上海市都市農村建設・交通委員会は1月19日(月)、2014年の市の交通状況をまとめた報告書「2014年上海総合交通運行年報」を発表。昨年は交通需給の不均衡、交通ラッシュ時間の拡大、交通渋滞の常態化が目立ったと述べた。

同報告書によると、昨年の市中心部都市道路の総距離は約4865㌔で、2010年の上海万博開催時に比べわずか3%増。しかしながら、自家用車の保有台数は増加の一途を辿っており、昨年末時点での上海ナンバーを装着した車両が13年同期比7・2%増の約304万台だったことから、同委員会は道路の建設が車両数、交通量の増加に間に合っていないことを指摘。また、市郊外や他地域の車両数も13年同期比16%増の9万台で、今年の交通状況はさらに悪化すると推測している。

一方、市軌道交通は20日(火)、16号線の通勤ラッシュにおける混雑を受け、同線各車両扉付近の座席を8席ずつ撤去。また3両から6両編成に変えたことで、混雑緩和を図る。(1月21日)

~上海ジャピオン2015年1月30日号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。