ランプウェイが開通 浦東・浦西アクセス緩和

上海市路政局は2月11日(水)17時頃、徐匯区と閔行区を結ぶ連絡道路「中環路滬閔高架路立交西向南匝道」が正式に開通したことを発表した。

同線は滬閔路と蓮花路交差点付近から、中環路と上中西路が交差する地点に合流。全長1㌔で、軌道交通1号線や鉄道を跨ぐ形で建設された。莘庄方面から中環路に入り、そのまま「中環上中路隧道」に入ることで、浦東新区へのアクセス便を図ったもの。今後、市南西エリアにおける交通渋滞緩和が期待される。

また、市中心部と嘉定・普陀区を結ぶ「滬嘉高速道路」の2期工事が竣工。中環状線真北路以北の全長16・06㌔を、 4車線から6車線に拡張した。(2月13日)

 

~上海ジャピオン2015年2月27日号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年10月11日発行号…
  2. 上海市静安区のサーカス場「上海馬戯城」が10月1日(火)、リニューアルオープンしたことがわかった。…
  3. 説明しよう!「咸猪手(xian2zhu1shou3)」は「(異性に対する性的な)痴漢…
  4. ~上海ジャピオン2019年10月11日発行号…
  5. 上海市に本社を構える「中国東方航空集団有限公司」は、9月30日(月)~10月7日(月)における航空便…
PAGE TOP