上海バスアプリ、年内に強化 15秒に1度の情報自動更新

上海市交通委員会は5月16日(土)、公共交通の専用アプリ「実時公交」のモデル版をリリース。市内700カ所以上のバス停を網羅、アプリを使ってバスの運行状態を確認できるようになったことを発表した。

同アプリは、各バス停における直近3台分の運行情報を検索できる。現在は市内約700カ所が対象だが、年末までには市全域をカバーする予定。

「上海バス交通グループ」に所属する約8000台の車両にはGPSシステムを搭載、10秒ごとに現在地点や速度などのデータをアップロードしている。

アプリの配信情報は15秒毎に更新、2分以上の遅れが見られた場合も自動更新される。

また市内600カ所を超えるバス停に液晶ディスプレイを設置、電気が通っていない約1000カ所には二次元コードを通じて、リアルタイムの運行情報を公開。

さらにディスプレイを500台、4000カ所に2次元コードの設置が年内に計画されている。(5月17日)

1 新浪

 

(写真は新浪ネットより)

 

~上海ジャピオン2015年5月22日号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年11月15日発行号…
  2. ~上海ジャピオン2019年11月15日発行号…
  3. 説明しよう!「吃白飯(chi1bai2fan4)」は「タダ飯を食う、居候する」や「無…
  4. 配車サービスを運営する「滴滴出行」の相乗りサービス「順風車」が11月20日(水)、北京市や江蘇省常州…
  5. ウイスキーバーが開店多くの日本人出張者が滞在する「上海虹橋錦江大酒店」に1…
PAGE TOP