田子坊の民宿計画煮詰まる 居住者の約8割が不満訴え

上海市の同済大学建築学科教授が率いる研究チームが、近日、黄浦区の観光地「田子坊」に暮らす145家庭を対象にアンケート調査を実施。

これによると77%が居住と商業の混合に「不満」もしくは「とても不満」と考えていることが明らかとなった。

同エリアは、市の伝統建築「石庫門」様式で知られ、観光客に人気のスポット。観光客の増加に伴い、居住環境の劣悪化が見られたため、田子坊商会と管理委員会が共同で

一部住居を民宿とする計画を進行。実現すれば店舗の営業時間も延長され、観光スポットとしてより便利で快適になると見込まれていた。

しかし田子坊管理委員会によると、現在、住居1階の大部分がすでに店舗として貸し出されており、2階も一部カフェなどに改装済み。一方、2~3階の高層や面積の狭さ、

立地の悪さなど悪条件により貸し出しが難しい物件は約3割。うち約11%は住民がそのまま住み続けており、

残りは周辺の野菜市場の従業員宿舎として利用されているほか、長年空家のままとなっている。

6_新浪

(写真は新浪ネットより)

 

~上海ジャピオン8月14日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 湖南省長沙市で最近、ドイツの自動車メーカー「アウディ」のエンブレムをハートマークに改造した女性が、罰…
  2. 上海市浦東新区の「上海海昌海洋公園」で、中国の伝統記念日・七夕に当たる8月7日(水)、アシカの一種・…
  3. 上海市浦東新区に構える「上海ディズニーランド」が規定している飲食物の園内持ち込み禁止に関して、上海華…
  4. ナスの干物に舌鼓オレはウルフ。ロードバイク好きの留学生。中国の国道を自転車で旅して…
  5. アボカド成分で角質オフみ あ、暑い…。着てくる服、間違ったみたいね…。キ…
PAGE TOP