上海昆劇団が豫園で公演 430年ぶりの昆劇舞台

上海市黄浦区の庭園「豫園」内にある劇場「海上梨園」にて10月10日(土)、上海昆劇団が430年ぶりの公演を実施、昆曲『妙玉与宝玉』を披露した。

昆曲は現・江蘇省蘇州市を発祥とし、同演目は豫園での公演のシンボル的作品。劇団は11月6日(金)より同劇場に常駐する。

劇場の収容人数は約100人で、公演は1演目当たり50分程度、年に60回の上演を予定している。

また虹口区の上海港国際客運埠頭に停泊する船上にて、11日(日)、「2015中国上海国際芸術フェスティバル」の一環としてオペラ「椿姫」が上演された。

オペラ公演では国内初の立体音響技術を採用し、〝壁のない歌劇場〟を実現した。

8_東方ネット

 

(写真は東方ネットより)

 

~上海ジャピオン10月16日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年9月20日発行号…
  2. 上海市黄浦区南京西路で改装中の商業施設「新世界城」が、今年12月末にリニューアルオープンする見込みで…
  3. 上海市金山区に構える「華東無人機基地」で9月12日(木)、「ドローンを使った輸送の最長距離」のギネス…
  4. 浙江省杭州市に本社を構える「阿里巴巴集団(アリババ・グループ)」のジャック・マー(馬雲)氏が、同社創…
  5. 家に常備・万能選手――雨が続くせいか、気分もどんより身体もどんよりです…。頭…
PAGE TOP