上海のニュース 記事

浦東国際空港に罰則施行 定刻出発率低く増便禁止へ

中国民用航空総局は10月22日(木)、定時運航率の低い上海市の浦東国際空港、杭州市の杭州蕭山国際空港、天津市の天津濱海国際空港の3空港に対し、

空港の就航便数を増やすことを禁止する罰則を科すことを発表した。

同局では7月より、4時間以上の遅延に対し報告を要請。この3空港は全国48の主要空港の中で最も定時運航率が低く、70%を下回る。

具体的な禁止期間については発表されていない。

また同局は10月25日(日)、同日から2016年3月26日(土)までのフライト計画を発表。

期間中は国内の航空会社39社が週に5万4956便を運航、昨年同期比で6・2%増となった。

8_東方ネット

写真は東方ネットより

 

~上海ジャピオン10月30日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。