大気汚染で黄色警報発令 業務制限に室外活動停止

上海市中心気象台は12月14日(月)16時10分頃、中濃度の霧の発生を示す「濃霧黄色警報」を、翌15日(火)7時頃に重度の空気汚染を表す「重度汚染黄色警報」を発令した。

15日(火)の「大気汚染指数(AQI)」は、7時時点で324を記録。黄色警報発令時の規則に従い、一部工場に工業生産制限や運輸業の業務停止などの措置が取られた。また小中学校と幼稚園では屋外活動を取り止め、当日生徒が欠席や遅刻をしても出席扱いとした。大気汚染と濃霧は同日午後に若干弱まったものの、17日(木)より再び中度の汚染が出現する。

 

~上海ジャピオン2015年12月18日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年6月14日発行号…
  2. ~上海ジャピオン2019年6月14日発行号…
  3. 日本のSPAブランド「niko and…」を展開する企業「アダストリア株式会社」は6月6日(木)、上…
  4. 筋膜リリースで身体爽快――座っている時間が長いせいか、身体のコリが気になりま…
  5. 上海市内の各観光施設や博物館、文化施設では、6月7日(金)~9日(日)の端午節休暇期間中、のべ796…
PAGE TOP