上海のニュース 記事

寧波まで鉄道で51分 博物館の大規模改修

寧波市鉄道建設指揮部は1月3日(日)、杭州湾上に上海市と寧波市を結ぶ鉄道橋「滬甬跨海鉄道」の敷設に関する計画内容を明らかにした。

両市の距離は直線にして200㌔程度だが、杭州市を通過するため400㌔の経路が最短。建設予定の鉄道は時速350㌔で、これが完成すれば最短51分で結ばれる。なお総建設費は約250億元。

また2015年12月27日(日)、軍工路越江トンネルと高科中路を結ぶ、中環線浦東区間が開通。これにより、完全な環状線となり、錦綉東路―申江路間も数分でアクセス可能となった。

そのほか「上海博物館」が、2020年までの大規模な改修を近日開始。5年以内は閉館しない見込み。

 

~上海ジャピオン2016年01月08日発行号

 

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。