上海のニュース 記事

厨房にカメラ設置 告発の奨励条例も

上海市食品安全監督管理局は2月16日(火)、市内の食品を取り扱う地点に監視カメラを配置し、映像管理センターを配備すると発表した。

これまでは、スタッフが現場に出向き、直接チェックする仕組みだったが、今回のカメラ設置により、厨房など現場環境の衛生状態が常時監視可能となった。

閔行・嘉定・浦東新区などでは、すでにモニタリングシステムの導入を行っている。

また市食品薬品監督管理局は15日(月)、「食品安全挙報奨励辧法」を改訂。食品の安全に関わる違法行為の告発を促し、協力者に奨励金として最高で30万元を与える。

 

~上海ジャピオン2016年2月19日発行号

 

 

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。