上海のニュース 記事

不動産購入の税金が割引に 大手不動産会社が業務停止

中国財政部らが2月19日(金)、不動産契約時の税率を引き下げる政策を発令したことを受け、上海市内の各「不動産取引センター」では近頃、不動産の購入手続きを行う市民が殺到している。

同政策では、市民の不動産購入時に、それが各家庭にとって唯一の所有不動産に当たる場合、契約時に支払う税金を、90平米未満の物件は1%、90平米以上であれば1・5%割引する。宝山区の不動産取引センターでは28日(土)、29日(日)の2日間、同割引措置を利用しようと市民が押し寄せ、4階の受付から1階の入り口まで行列ができた。

また「市住宅都市農村建設管理委員会」は最近、大手不動産会社「鏈家」に対し業務停止を命令した。同社はすでに抵当に入っている不動産を販売するなど、消費者に不利な不動産情報を隠蔽した疑いがあり、現在同委員会が調査を行っている。

また市消費者権益保護委員会によると、2015年度の不動産会社に関するクレーム件数は794件と、14年度に比べ40%増加した。

6_東方ネット

(写真は東方ネットより)

~上海ジャピオン2016年03月04日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。