上海のニュース 記事

浦東新区に鉄道駅建設へ  BRTが来年1月開通予定

上海市で近頃「上海市軌道交通近期建設規劃(2017―2025)」に関する第2回環境アセスメントが発表され、「虹橋火車」駅と虹橋空港のような、軌道交通と空港が直結する複合交通施設の計画が明らかになった。

同計画で建設が予定されている軌道交通9路線のうち1本は、全長約68キロ、計8区間を走行し、虹橋エリアから、浦東新区に新たに建設予定の鉄道駅「上海東」駅を結ぶ。「上海東」駅は「上海火車」駅、「上海南」駅などに相当する規模の、浦東新区唯一の鉄道駅となる予定で、浦東国際空港から5キロ圏内に建設される見込み。

また、市の東西を結ぶ交通の大動脈として延安路バス高速輸送システム「バス・ラピッド・トランジット(BRT)」が、2017年1月に開通、運行される見通しであることがわかった。現在、バス路線に設置される25の停留所のうち、18カ所が竣工目前。延安高架路の下に歩道橋を建設し、道路の中央分離帯にバス停を設ける。運行されれば、虹橋エリアの瀘青平公路から黄浦区の外灘まで約1時間で移動できるようになる。公共バスと軌道交通の中間的システムで、開通後しばらくは12メートルと18メートルのバスを68台用意し、2分間隔で運行すると言う。

6_東方ネット

(写真は東方ネットより)

~上海ジャピオン2016年08月26日号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。