上海のニュース 記事

軌道交通車内にイス持ち込み  バス5500台にWi―Fi

上海市の軌道交通車両内で近頃、通勤ラッシュ時に、自分で持ち込んだ簡易イスを用いて通路に座り込む乗客が現れ、ネット上で物議を醸している。

市民の話によると、このような乗客は車内が混み合っているにも関わらず、立席用つかまり棒の付近に自分のイスを設置、その場に座り込んで携帯で動画などを見ていると言う。市軌道交通運営管理センターは、車内でのイスの使用は、周囲の迷惑になるだけでなく、安全面にも問題がある行為であると話す。

一方、市内の公共バスにおけるWi―Fiシステムの運営会社「16WiFi」は11月23日(水)、市内約5500台のバスで無料Wi―Fiサービスの提供を開始したと発表。同社の公式アプリ「16WiFi」をダウンロードし、バス車内でアプリ上からWiFiに接続すれば、通信速度が毎秒400㌔バイトの高速無線LANが使用可能となる。

7_%e6%9d%b1%e6%96%b9%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88

(写真は東方ネットより)

~上海ジャピオン2016年12月2日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。