上海生まれの双子パンダ  野生動物園で公開、名前公募

上海市浦東新区の上海野生動物園にある「中国大熊猫保護研究センター上海基地」で生まれたオスとメスの双子パンダが12月4日(日)、生後満2カ月を迎え、同日から同園で一般公開されたことがわかった。

2頭のパンダは今年10月、市で2例目且つ初の双子パンダとして誕生。現在、同園微信公式アカウントやメールで2頭の名前を募集しており、2017年1月28日(土)の春節までに決定する予定だと言う。同園では毎日9時半~12時、13時~16時に2頭を公開。また兄パンダは誕生時の131・5㌘から3410㌘、妹パンダは113・2㌘から3030㌘まで成長している。

 

~上海ジャピオン2016年12月9日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 説明しよう!「時令(shi2ling4)」は「季節」や「旬(の)」、「季節の変わり目…
  2. 珍しいロバ肉を食す「天上龍肉、地上驢肉(天には龍の肉が、地上にはロバの肉がある)…
  3. ~上海ジャピオン2019年8月23日発行号…
  4. キャンディとコラボみ キャンちゃん、またお菓子食べてるでしょ。あま~い匂いがする…
  5. 趣味から実用までカバー①百新文具館本屋「百新書局」に併設する文具店…
PAGE TOP