上海のニュース 記事

上海生まれの双子パンダ  野生動物園で公開、名前公募

上海市浦東新区の上海野生動物園にある「中国大熊猫保護研究センター上海基地」で生まれたオスとメスの双子パンダが12月4日(日)、生後満2カ月を迎え、同日から同園で一般公開されたことがわかった。

2頭のパンダは今年10月、市で2例目且つ初の双子パンダとして誕生。現在、同園微信公式アカウントやメールで2頭の名前を募集しており、2017年1月28日(土)の春節までに決定する予定だと言う。同園では毎日9時半~12時、13時~16時に2頭を公開。また兄パンダは誕生時の131・5㌘から3410㌘、妹パンダは113・2㌘から3030㌘まで成長している。

 

~上海ジャピオン2016年12月9日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。