上海のニュース 記事

軌道交通の新型車両を発表  老舗自転車企業レンタル参入

上海市松江区にある、軌道交通9号線の九亭車両基地で12月16日(金)、運転席部分などが黒色で、ボディに青色のラインを引いた新型車両が披露された。

新車両はアルミ合金を溶接し、車両の強度を高めることで安全性を強化。また軌道交通の車両として初めて航空機に搭載されている「ブラックボックス」を取り入れ、事故発生時のブレーキや関連データを記録するほか、事故原因の判断にも活用される。なお市内の軌道交通の車両数が4000台を突破し、今後2~3年のうちに更に2000台の導入を目指すと言う。

そのほか、76年の歴史を持つ自転車メーカー「永久」が近頃、ベンチャー企業と提携し、来年初めにレンタルサイクル「優拝単車」をリリース、レンタル事業に参入すると発表した。同社のレンタル用自転車は緑色の車体で、重さは「摩拝単車(mobike)Lite」の17㌔より軽い16㌔、ドリンクホルダーを搭載し、サドルの高さを調整できる。

1_%e6%9d%b1%e6%96%b9%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88

(写真は東方ネットより)

~上海ジャピオン2016年12月23日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。