上海のニュース 記事

上海市で鳥インフル感染確認  持病・高齢者は合併症リスク

上海市衛生及び計画出産委員会は最近、来海していた江蘇省南通市在住の45歳男性が鳥インフルエンザ(H7N9型)に感染したと明らかにした。男性は12月21日(水)に感染確認後、現在治療中。

専門家によると、同ウイルスの潜伏期間は7日以内。感染すると発熱や咳、頭痛などのほか、重症の場合は39度以上の高熱が続き、呼吸困難や血痰などを伴うと言う。特に高齢者や、糖尿病、高血圧などの持病のある人が感染すると、合併症を引き起こしやすいと指摘する。なお同ウイルスは、100度で1分、70度で数分加熱すると死滅。生ものや十分に加熱されていないトリ肉、半熟の玉子は食べないよう注意を呼びかけている。

 

~上海ジャピオン2016年12月30日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。