上海のニュース 記事

カード不正発行企業リスト公表  市で医療費の不正受給が発覚

上海市プリペイドカード協会は最近、各企業が発行するプリペイドカードに関して、不正やクレームがあったものをまとめた「市プリペイドカード商務信用警告企業リスト」を発表。食品会社「克莉絲汀」や美容院「震軒美容美髪」などがリスト入りしたことがわかった。

同協会は、今年初めから9月までに小売店や飲食店など計375社が発行したプリペイドカードの運用状況を調査。「商業プリペイドカード管理辦法」によると、記名制カードのチャージ限度額は5000元、無記名制で1000元以内と規定。リスト入りした企業は、規定額を超える額のカードを発行していたと言う。一方市民からのクレームでは、企業の倒産や音信不通などが8割を占め、カードの解約ができないなど契約に関するものが続いた。このようなクレームは11月までに1529件、294社の企業に対し報告されており、ジャンル別では美容系が119店と最多だった。

また、国家衛生及び計画出産委員会は近頃、上海市と湖南省の公立病院計6施設に勤務する医療従事者が、医薬品費用を通常の3~4割分を水増しして請求。その差額分を不正に受給していたとして、関係部門に即座に調査を実施したうえ、医薬品企業の違法行為を取り締まるよう指示したことがわかった。

6_%e6%96%b0%e6%b5%aa

(写真は新浪より)

~上海ジャピオン2016年12月30日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。