上海市の映画会社が好調  昨年の総興行収入40億元

上海市の映画会社が最近、2016年度の最終報告書を発表。市の映画会社が昨年手掛けた映画作品数は計32本で、総興行収入が約40億元と、一昨年の3倍を記録したことがわかった。

昨年、興行収入1億元を超えた作品は12本。中でも上海電影(集団)有限公司らが制作した映画『盗墓筆記』は10億元を突破するヒット作品となった。また上海極客文化伝播有限公司が携わった映画『七月与安生』は第53回台北金馬映画祭で、最優秀主演女優賞など6部門の大賞を獲得。同社関係者は、今年は史実や歴史をテーマにした映画をメインに制作する予定だと話す。

 

~上海ジャピオン2017年1月6日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 説明しよう!「時令(shi2ling4)」は「季節」や「旬(の)」、「季節の変わり目…
  2. 珍しいロバ肉を食す「天上龍肉、地上驢肉(天には龍の肉が、地上にはロバの肉がある)…
  3. ~上海ジャピオン2019年8月23日発行号…
  4. キャンディとコラボみ キャンちゃん、またお菓子食べてるでしょ。あま~い匂いがする…
  5. 趣味から実用までカバー①百新文具館本屋「百新書局」に併設する文具店…
PAGE TOP