上海のニュース 記事

豫園でランタン祭り開催中 人民広場駅で補強工事開始

上海市で、旧暦1月15日の「元宵節」に合わせ毎年行われる恒例行事「2017豫園新春民俗芸術灯会」が1月15日(日)、黄浦区の豫園中央広場で始まった。今年はLEDライトを採用し、ビル3階建て相当の高さ9㍍、重さ1㌧の雄ドリのオブジェが登場、見物客を魅了している。

会場では、万里の長城やパンダを模ったランタンオブジェを展示。1000個以上のランタンが頭上を覆い尽くす道路など、幻想的な雰囲気が楽しめる。同イベントは2月14日(火)まで。

そのほか、2号線を除く1・8号線「人民広場」駅で1月15日(日)深夜、終電発車後に駅構内の補強工事が始まった。1号線ホームにエスカレーター2基、エレベーター1基、8号線ホームでは中央の階段を撤去する代わりにエスカレーター4基を新たに設置すると言う。これにより、人の流れが、1号線は25%、8号線は50%、改善される見込み。

1_東方ネット

(写真は東方ネットより)

~上海ジャピオン2017年1月20日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。