上海のニュース 記事

上海市のGDP全国より高く  不動産価格が2カ月連続下落

上海市統計局は1月22日(日)、市の2016年における域内総生産(GDP)は15年と比べて6・8%増加し、27兆466億1500万元だったことを発表した。

GDPの成長速度は、15年に比べ0・1%鈍化。産業分類別に見ると、第一次産業の成長速度が6・6%低下したのに対し、第二次産業は1・2%、第三次産業は9・5%上昇した。第三次産業の生産額が全体の約70%を占めた。また市のGDPは2008年以来9年ぶりに、全国のGDPより高いポイントを記録した。

16年の市民1人当たりの消費額に関しては、15年同期比で約3%増加。市では14年1月から36カ月連続で、全国平均を上回るスピードで消費額が上昇している。この原因として、家賃の高騰や、医療サービスの値上げなどが挙げられた。

そのほか、市の不動産価格は、昨年1年間で約32%上昇。その一方で、16年11月、12月はそれぞれ0・1%、0・2%下落した。これに対し専門家は、昨年施行された様々な不動産購入抑制策が功を奏し、価格上昇に歯止めを掛けていると分析。また北京市も同時期に不動産価格の上昇が止まり、深セン市では昨年11月から3カ月連続して価格が下落している。

6_東方ネット

(写真は東方ネットより)

~上海ジャピオン2017年2月3日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。