上海のニュース 記事

空き巣に入った泥棒 家でリラックス

江西省南昌市南昌県の派出所は1月12日(木)午前、付近に住む女性から「自宅で見知らぬ男性が爆睡している」という通報を受けた。

警察が現場に駆け付けたところ、男は前科者であることが判明。さらに、ここ2カ月の間に18件の空き巣を繰り返していたことがわかった。男のスマホには空き巣に入った家でカップラーメンを食べる、足湯に浸かるなどの写真が保存されており、そのうえ写真を微信(We Chat)のモーメンツにぬけぬけとアップしていた。

容疑者は、自分は見栄っ張りのところがあり、他人の家の心地よい寝室でリラックスしていただけだと話している。

5

~上海ジャピオン2017年2月10日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。