上海のニュース 記事

春節に帰省の殺人犯  浮かれ気分でお縄に

広州市白雲警察は2月3日(金)、14年間逃亡していた殺人犯の男を逮捕した。

男は14年前に強盗殺人を犯し、罪を逃れるため長期間に及ぶ逃亡生活を続けていたが、今年こそ故郷で春節を過ごしたいという思いと、春節なら警察も間違いなく休みだろうという油断から、こっそりと帰省していた。同日早朝、玄関をノックする音を聞いた男は、正月気分も手伝って自分が逃亡犯であることをすっかり忘れ、何の疑いもなく玄関を開けようとした瞬間、突入した警察に逮捕された。

手錠をかけられた殺人犯は「警察が春節も休みなしだとは夢にも思わなかった」とため息をついたと言う。

5

~上海ジャピオン2017年2月17日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。