上海のニュース 記事

助手席にイヌで罰金 安全運転妨害の疑い

重慶市の高速道路料金所にて2月20日(月)、高速警察は小型自動車の助手席に座っているイヌを発見し、安全運転妨害に当たるとして運転手に罰金200元と減点を言い渡した。

運転手によると、一家4人は巫溪にある親戚宅に行く途中で、家族が不在になることからペットのイヌを帯同した。なお、イヌは助手席に鎮座、家族3人は後部座席に座っていた。

交通警察は、助手席のイヌが動くことで運転手の視界が妨げられるうえ、イヌが誤って車内のボタンを押してしまう危険性もあると指摘。イヌを乗車させる場合はキャリーケースに入れ、後部座席やトランクに固定するようアドバイスしている。

5

~上海ジャピオン2017年3月3日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。