上海のニュース 記事

ボーガンで報復した配達員 故意殺人罪で懲役8年の実刑

上海市第一中級人民法院は近頃、男性警備員にボーガンを発射し顔に大ケガを負わせたとして、元配達員の男に懲役8年、政治権利1年剥奪の実刑を言い渡した。

調べによると、男は2015年11月に出前の配達で徐匯区のビルに入ろうとしたところ、警備員に止められた挙句口論となり、警備員3人に暴行を加えられた。これを恨みに思った男は翌日再びビルに赴き、警備員の男性の頭部を狙ってボーガンを発射したと言う。男性は顔を複数箇所骨折するなどの大ケガを負った。裁判では、殺傷能力の高い武器を用い、1㍍ほどの近距離で頭部を狙ったこと、そして犯行に計画性があったことから、一審同様故意殺人罪と認定、結審した。

そのほか、サムスン電子のスマートフォン「Galaxy Note7」の発火事故を巡り、同機種購入者が損害賠償を求めた審理が金山区の人民法院で2月22日(水)に行われ、サムスン電子が原告に約3万元を支払うことで和解したことがわかった。

7_東方ネット

(写真は東方ネットより)

~上海ジャピオン2017年3月3日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。