上海のニュース 記事

清明節の墓参り客817万人 話題の肉入り草餅、今年も人気

4月4日(火)の「清明節」を間近に控え、上海市清明指揮部は3月3日(金)、今年の墓参り客の予測状況を発表。これによると、今年はのべ817万人が墓参りに訪れ、車両数は88万台に達すると言う。

今年の墓参りのピークは4月2日(日)~4日(火)の3日間で、中でも4日(火)の墓参り客はのべ269万人、車両数は27万台を予想。同日8時~11時半と、13時~17時に、市から市郊外の主要墓地へ向かう道路の渋滞が予測されている。なお閘北区にある長距離バスターミナル「上海長途汽車客運総站」では、1日(日)~4日(火)に、バス5000便、のべ15万人の輸送を予定している。

一方、市内の各点心店では、清明節に食べる草餅「青団」の販売を開始。黄浦区福州路に本店を構える老舗点心店「杏花楼」も昨年人気を博した、塩漬け卵とバター、挽き肉を合わせた餡の「咸蛋黄肉松青団」の販売を始め、連日4~5時間の行列ができていると言う。

7_東方ネット

(写真は東方ネットより)

~上海ジャピオン2017年3月10日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。