上海のニュース 記事

上海名産「刀魚」が最高価格 絶滅危機で漁禁止の可能性

上海市の水産市場で3月6日(月)、長江で獲れる天然の「刀魚(チョウセンエツ)」の取引が開始され、価格が昨年比10~20%増、ここ5年で最高価格を記録したことがわかった。

刀魚は回遊魚で、毎年3~4月頃産卵のため、上海市北部の長江を逆上。今年は1匹2000~4000元前後で取引されている。専門家によると、長江の刀魚は「国家重点保護野生動物リスト」入りが検討されており、長江の支流で雲南省、貴州省、四川省を流れる赤水河では漁が禁止されて10年が経つ。もしリスト入りすれば長江全域で漁が禁止され、今年が最後の取引になる恐れがあると話す。また4~5年前から刀魚の人工養殖を試みているものの、エサやりに問題があり、成功には至っていない。

そのほか、黄浦区に構える老舗中華料理店「老半斎」では、名物である刀魚を使った麺料理「刀魚汁面」を昨年より2元高い32元ほどで販売。1日1000杯を売り上げると言う。

1_東方ネットカエ

(写真は東方ネットより)

~上海ジャピオン2017年3月17日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。