上海のニュース 記事

屋内禁煙から7日、96施設摘発 市のレンタサイクル45万台

上海市では3月1日(水)から、屋内施設での喫煙を禁止する「上海市公共場所控制吸煙条例」が施行され、7日(火)までに96カ所の施設が条例違反で摘発され、罰金総額が20万元ほどに上っていることがわかった。

各区の市場監督管理局らによると、同期間に条例違反を犯した市民は38人で、罰金総額は2150元。また市民サービスホットライン「12345」に寄せられた喫煙に関する通報は1461件だった。中でも、ビルの廊下や雀荘、ネットカフェにおける喫煙のクレームが多いと言う。

そのほか市消費者権益保護委員会は最近、市のレンタサイクルに関する統計を発表。これによると、市で利用されているレンタサイクルは45万台。うち22万台が「摩拝単車(mobike)」、15万台が「ofo」の所有する自転車であることがわかった。また1300人の市民に対し行った調査では、レンタサイクルの利用頻度に関して25%の市民が「毎日」、60%の市民が「週2~4回」と回答。一方で自転車の駐輪については、37%が規定の区域外に停められ、うち15%が歩行や交通の妨げになっていたと言う。この状況を受け市自転車協会は今年5月に、レンタサイクル企業に対し新たな規定を設ける予定。

6_新浪

(写真は新浪より)

~上海ジャピオン2017年3月17日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。