上海のニュース 記事

黄山までの高速鉄道来年開通 軌道交通「崇明線」の建設決定

上海鉄路局は3月10日(金)、2018年に開通予定である杭州市から黄山市までを結ぶ高速鉄道「杭黄高速鉄路」の建設工事を開始したと発表した。

現在、上海市と黄山市を結ぶ高速鉄道は1路線しかなく、移動に約5時間を要する。同路線が開通すれば移動時間の大幅な短縮が見込まれ、千島湖、黄山など国家5A級の観光スポットにアクセスしやすくなると言う。

また上海市委員会と市政府は近頃、浦東新区の金橋鎮から崇明区までを繋ぐ全7駅の軌道交通を「崇明線」と呼び、18年内に建設を開始することで同意した。同時に、崇明区の陳家鎮から城橋鎮までを結ぶ全長約40㌔の一般道路の着工や、東平国家森林公園附近の道路拡張を予定しており、長江沿岸の美しい景色や田園風景を楽しめるよう整備する。

そのほか、エンタメ・レジャー企業「マーリン・エンターテインメンツ」は、青浦区に「レゴランド」の建設を決定。22年の開園を目指すと言う。

7_東方ネット

(写真は東方ネットより)

~上海ジャピオン2017年3月17日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。