上海のニュース 記事

虹橋空港が一部リニューアル 錦江楽園で士林夜市が再開

上海市長寧区の虹橋空港で3月26日(日)、竣工した第1ターミナルA楼が全面開放され、同時にB楼が改装工事のため封鎖されたことがわかった。

今回の工事で、交通アクセスの利便性が向上。10号線「虹橋1号航站楼」駅から第1ターミナルまでの距離が260㍍に短縮されたほか、改装前の約2倍に当たる1250台の小型車用駐車スペースを新たに設置した。また54カ所の手荷物検査場と、12台の最新自動チェックインカウンターを用意。今後、虹橋空港全体で年間旅客数4000万人、貨物量100万㌧、航空機の離発着数30万機を目指す。なおB楼は2018年に竣工予定だと言う。全行程完工後は、A楼が国際線、B楼が国内線を担う予定。

そのほか、閔行区の大型遊園地「錦江楽園」で25日(土)、台北市の巨大夜市「士林夜市」がリニューアルオープン。腸詰めドッグ「大腸包小腸」や、収穫から48時間以内に直送された新鮮な果物を楽しめる。

7_東方ネット

(写真は東方ネットより)

~上海ジャピオン2017年3月31日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。