上海のニュース 記事

清明節交流会で生前契約推奨 市の契約者は6年で6人のみ

上海市を含む中国全土で4月4日(火)、墓参りを行う清明節を迎えた。これに先駆け、市では〝死別〟をテーマにした「2017年清明交流会」が3月30日(木)に行われ、その席上で、ここ6年で生前契約を行った市民がわずか6人であったことが明らかにされた。

契約者が自ら死後の葬儀方法などを取り決める生前契約は、アメリカで90%以上の普及率だと言う。市では2011年に生前契約に相当する「生前関愛計劃」が開始されたものの、現在に至るまでの契約者は6人で、履行されたのはそのうちの1人。専門家は、契約者が増えない原因として、多くの市民が死を話し合うことに抵抗があるためだと指摘する。

 

~上海ジャピオン2017年4月7日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。