上海のニュース 記事

中国初の国産旅客機就航へ 市内の公園24時間開放が増加

上海市で近頃、中欧エリアの航空安全に関する会議が開催された。その席上で、市に構える民間航空機製造会社「中国商用飛機有限責任公司」が開発を進める中国初の国産中型ジェット旅客機「C919」が、5月上旬に就航を予定していることがわかった。

同社の社長は、同機が時速170㌔以上の高速滑走や時速55~170㌔の中速滑走、時速55㌔以下の低速滑走など、約118項目の試験に合格したと説明。なお、中国が2007年に開発した小型ジェット旅客機「ARJ21」は昨年から商業飛行を開始しているが、安定した飛行で稼働率も高く、4月下旬時点でのべ1万人の乗客が搭乗していると言う。

そのほか「上海市緑化和市容管理局」は近頃、市内の公園のうち徐匯区の「徐家匯公園」など44カ所が24時間開放され、76カ所が閉園時間を延長すると発表、24時間開放が昨年に比べ22カ所増えたことがわかった。1_東方ネット

(写真は東方ネットより)

~上海ジャピオン2017年5月5日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。