上海のニュース 記事

虹橋火車駅運営から10年 発券のネット化を拡大へ

上海市閔行区の「虹橋火車」駅が、今年4月で高速鉄道の運行開始から10周年の節目を迎えたことがわかった。

2007年4月、中国初となる時速200㌔の高速鉄道列車が市を出発。当時は1路線しか走っておらず、1日当たりの乗客は2~3万人ほどだったと言う。しかし10年の上海国際博覧会を契機に、北京―上海間を結ぶ「京滬高速鉄路」や寧波―昆明間の「滬昆高速鉄路」などが次々に開通。その結果「虹橋火車」駅における1日の出発乗客数は最高29万人、輸送量は約60万人、出発便数は約270便にまで増加したと言う。

また市鉄路局管轄の列車便数は606便で、国内の4分の1を占め、管轄する路線の総距離は約3357㌔、年間の旅客発送人数は5億人を突破した。そのほか、「虹橋火車」駅周辺の利便性も向上。10年に、市政府は虹橋商務区の開発に着手、総合商業施設「虹橋天地」が建設されるなど、ベンチャー企業及び市関連企業の本部30社を含む700社以上がオフィスを構え、企業の総合資本は37億2500万㌦に上る。

そのほか市鉄路局によると、今後約2000台の自動発券機を同駅に増設し、チケット購入アプリ「互聯網+」を通じた購入を促すことでサービス向上を図るとしている。

6_東方ネット

(写真は東方ネットより)

~上海ジャピオン2017年5月12日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。