上海のニュース 記事

虹橋の10施設間に地下通路 サンリオテーマパーク建設へ

上海市長寧区に構える商業施設「尚嘉中心」と「友誼商城」を結ぶ地下通路が最近、開通したことがわかった。

この通路は、長さ43㍍、幅約7㍍、高さ約2・6㍍で、バリアフリー機能を備える。今後は同区の婁山関路と遵義路、天山路、仙霞路周辺を〝市級商業センター〟と指定し、両施設のほかに「巴黎春天百貨」と「虹橋芸術中心」、「匯金百貨」、「百盛(パークソン)」、「金虹橋商場」、「虹橋天都国際」、「SOHO天山広場」、「虹橋南豊城」の計10カ所を地下通路で結ぶ計画だと言う。

また世茂集団とサンリオは5月10日(水)、黄浦区の南京路歩行街にある上海世茂大厦の8~10階にハローキティの室内テーマパークを建設し、来年10月のプレオープンを目指すと発表。世茂集団は今年5月に同ビルの経営権を再取得、同パークのオープンを含めビル全体を総合的にグレードアップさせることで、毎年100万人の来場を想定すると話す。

そのほか、上海申通地鉄集団有限公司は5月9日(火)、軌道交通9号線の第三期延線工事が信号系統の確認段階に入り、今年末までに開通予定だと発表。松江区の「松江南」駅~浦東新区の「曹路」駅までを結ぶ全長70㌔近くの大動脈になる。

6_新浪

(写真は新浪より)

~上海ジャピオン2017年5月19日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。