カラオケ中に広告 著作権料支払いで

 音像著作権集体管理協会(音集協)関係者は、8月31日(月)、
カラオケ著作権使用料の負担軽減のため、
年内にカラオケ使用中に広告を挿入する案を検討していることを明らかにした。
 検討されているのは、カラオケ利用前、及び曲と曲の間に広告を挿入する方法。
店側にとっては、支払い負担軽減になり好意的に受け取られているが、
消費者からは「利用時間が減る」と不満の声も上がった。
 2009年度の著作権使用料は、1部屋1端末につき6元/日となっている。
(9月1日)

~上海ジャピオン9月4日号より

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年9月20日発行号…
  2. 上海市黄浦区南京西路で改装中の商業施設「新世界城」が、今年12月末にリニューアルオープンする見込みで…
  3. 上海市金山区に構える「華東無人機基地」で9月12日(木)、「ドローンを使った輸送の最長距離」のギネス…
  4. 浙江省杭州市に本社を構える「阿里巴巴集団(アリババ・グループ)」のジャック・マー(馬雲)氏が、同社創…
  5. 家に常備・万能選手――雨が続くせいか、気分もどんより身体もどんよりです…。頭…
PAGE TOP