上海のニュース 記事

共青森林公園でアジサイ見頃 絶滅危惧動物のトキを発見

上海市楊浦区にある「共青森林公園」では近頃、アジサイが見頃を迎えていることがわかった。

同園内の東側に位置する〝アジサイ園〟の敷地面積はおおよそ5000平方㍍。「サブリナ」や「ティアナ」など約30品種、5000株余りのアジサイが咲き誇っていると言う。

また同市松江区のテーマパーク「上海歓楽谷・海洋奇幻館」では、6月1日(木)の「児童節(こどもの日)」を迎え11日(日)まで、100万個の風船を使った「6・1バルーンフェス」を開催中。パンダ、キリンなどの動物からアニメキャラ「餅干警長」、メリーゴーランドまで様々なバルーンアートを展示し、来園客を楽しませている。

そのほか、上海崇明東灘鳥類国家級自然保護区の職員が5月19日(金)水鳥を調査中、2羽のブロンズトキを発見したことがわかった。ブロンズトキは、中国絶滅危惧動物とされており、上海市内で目撃されたのは、154年ぶりだと言う。

1_東方ネット

(写真は東方ネットより)

~上海ジャピオン2017年6月2日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。