上海のニュース 記事

〝80後〟の生活実態調査公表 7割の人が自分の人生に満足

復旦大学は6月6日(火)、上海市を含む長江三角洲地区における〝80後(1980年代生まれ)〟に対する生活実態調査を公表。その中で〝80後〟の約75%が人生に幸せを感じていると回答していたことがわかった。

この調査は、同大学の人口と発展政策研究センター及び社会科学数拠センターが8年を掛け、1980年代生まれの世代に対する基礎調査と追跡調査、1200戸に対する個別訪問を実施してまとめたもの。主に結婚や就業、住まいなどの分野に関する設問を設け、彼らの生活状況や変遷を調査した。

これによると、収入面では、2012年に全体の上位10%が年収12万元、上位1%が30万元だったのに対し、16年にはそれぞれ20万元と50万元に増加。転職回数に関しては、約30%が転職をしたことがなく、30%以上が1~2回だった。また高収入の人ほど転職頻度が低い傾向が見られた。そのほか結婚に関して、市在住の30~34歳の未婚率は男性19%、女性12%。結婚後両親との同居を望む人は全体の20%であったが、現実では様々な理由により、60%以上の人が同居しているとの結果が出た。また結婚前の同棲について、約40%が同棲していたと回答した。

6_新浪

(写真は新浪より)

~上海ジャピオン2017年6月16日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。